NASシステムと市場性

1日30分から取り組める、
ECサイト運営の補助システムです

NASシステムは、ショッピングサイトを活用し、在庫を一切抱えずに
1日30分からの作業で自動的に売上を作るための新時代のネット販売システムです。

本来、ショッピングサイトの運営は膨大な作業を必要としています。

1.まず販売したい売れ筋商品のリサーチを行ない、
2.実際に商品を仕入れ、
3.商品の出品準備
(ページの作成、価格設定、コンテンツ画像や文章の作成、広告の設定)
4.商品の配送


特に、工程3の出品準備は商品数が増えれば増えるほど、行わなければならない作業数が多いですし、売れるためのページを作ったり、
出品後の売上を見ながらページを改善したりする等、最初に行わなければならない作業数が膨大になってしまいます。

ほかにも、仕入れた商品が売れるまで在庫を抱え続けるリスクもございます。
仕入れたのに売れない。ということはよくあることなので、保管料や仕入れ費用が圧迫してしまった結果、市場から撤退する方も少なくありません。

このように、ショップ運営は簡単にできるものではなく、ある種、ハードルの高い事業と言えるでしょう。

しかし、

・最初に行なうべき工数を減らし、
・在庫を抱えるリスクを抑える。

上記でお伝えしたこれらのハードルを取り除くことで、より気軽に、より堅実にショップ運営ができるのではないか。
そう考え生まれたのが「NASシステム」です。

(1)商品の自動登録

このように、システムが情報を抽出し、商品を自動で登録してくれます。
登録してくれる商品数が膨大なので、
1つの商品を売る努力を熱心にするのではなく、数万点以上の商品から成約される商品を掘り起こす作業になります。
30商品のうち1日1商品、30000商品に換算すると年間100商品ほどを販売するための出品作業になります。

(2)自動在庫管理および
価格改定

登録が完了すれば、あとは自動的に出品が始まりますので、あとは成約されるまでお待ちになるだけです。
基本的に単価の高い商品を販売しますから、1日数十件の成約ではなく、数日に1件売れればいいような仕組みになっています。

(3)自動で売れた商品を
お取り寄せ

このお取り寄せ購入は手動になりますが、先にもお伝えしていますように、数日に1件売れればいいような仕組みなので、
この作業が毎日発生するわけではございませんので、ご安心下さい。

ツール利用者がやる事は
『2つ』だけ

まとめますと、「3万商品の登録」「成約後のお取り寄せ」が作業になります。

これなら面倒な作業をスキップして、時間をかけずにショップ運営ができますし、成約されたあとに商品を取り寄せるため、
仕入れた在庫を抱え続けるリスクとコストが0になります。

ネット販売の国内の市場規模は、
およそ15兆円にも膨らんでおり、
衣類や食品、生活家電などの物販系分野は、
その内8兆円以上を占めている
大きな規模となっていて、この市場規模は、
昨今の情勢の影響により今もなお拡大し続けています。

テクノロジーの成長に比例して、
サービスもどんどん成長しており、私達の生活を
支える大事なインフラの一部になっています。
また、約15兆円という大きな市場規模は、
これまで参入してこなかったお店が
どんどんECサイトへの参入を果たしたことに繋がり、

EC化(ショッピングサイトの開設)の率は
例年右肩上がりで増え続けています。

これにより、2020年は約20兆円にまで
規模が拡大していくと予想されています。

ネット販売の国内の市場規模は、およそ15兆円にも膨らんでおり、衣類や食品、生活家電などの物販系分野は、その内8兆円以上を占めている大きな規模となっていて、この市場規模は、昨今の情勢の影響により今もなお拡大し続けています。

テクノロジーの成長に比例して、サービスもどんどん成長しており、私達の生活を支える大事なインフラの一部になっています。
また、約15兆円という大きな市場規模は、
これまで参入してこなかったお店がどんどんECサイトへの参入を果たしたことに繋がり、

EC化(ショッピングサイトの開設)の率は例年右肩上がりで増え続けています。

これにより、2020年は約20兆円にまで規模が拡大していくと予想されています。